こんにちは、クラサポ(@closuppo)です。

こちらは、スプレッドシートの基礎を効率的に学ぶ方法まとめているページです。

テレワークの導入が進んだことで、オンラインで使える表計算ソフト「Googleスプレッドシート」を使う機会が増えた人も多いのではないでしょうか?

スプレッドシートの需要は年々​高まってきており、Excelからスプレッドシートへの移行も増えてきてます。

スプレッドシートの社内研修に悩んでいる企業、これからIT業界へ就職・転職する方、何かスキルアップしたいと考えている方はぜひ参考にしてください。

スプレッドシートとは?

Google社が提供している表計算ソフトのことです。

Googleアカウントを持っていれば誰でも利用することができ、Excelのように表計算からピボットテーブルの作成など様々なことが行えます。

作成したスプレッドシートはGoogleアカウントを持っていない人でもインターネットで閲覧することができ、アクセス制限で特定の人のみ閲覧・編集できるようにすることもできます。

スプレッドシートとエクセルの違い

表計算ソフトといえばMicrosoftの「エクセルExcel」が有名でしたが、最近では「Googleスプレッドシート」を利用する人も増えてきました

スプレッドシートにはエクセルと同じように表計算やグラフ化などの機能があり、かつ複数人での同時編集や、データの復元などの独自の機能も備わっています。

スプレッドシートのメリットはこちら。

無料で使える

誰でも無料で利用することができ、パソコンのみならずスマホやタブレットからも閲覧や編集することができます。

オンライン上で使える

ブラウザとインターネット環境が整っていればどこでもスプレッドシートを使うことができます。

パソコンなどの端末にソフトをインストールする必要もありません。

同時編集できる

複数人での同時編集が可能となり、編集されたデータはリアルタイムで共有者のシートに反映されます。

自動保存

リアルタイムで履歴が自動保存されます。

操作ミスなどで誤ってデータを削除してしまった場合でも、変更履歴から消去する前のデータを復元することができます。

スプレッドシートの基礎知識

シリーズ連載を通してスプレッドシートの基礎をまとめてます。

第01回から順番に学習を進めていけば、1日でスプレッドシートの基礎を理解できるかと思います。

データ入力の基礎

表示形成の変更

行・列の操作

シートの操作

集計の基礎

  • 第24回:集計の基礎
  • 第25回:ピボットテーブルの基礎

はじめに覚えておきたい7関数

  • 第26回:合計、集計するSUM関数
  • 第27回:複数の条件に一致するデータの合計、集計するSUMIFS関数
  • 第38回:文字が入力されているセルを数えるCOUNTA関数
  • 第39回:複数の条件に一致するセルを数えるCOUNTIFIFS関数
  • 第40回:条件により処理を分ける(条件分岐)IF関数
  • 第41回:指定範囲から検索条件に一致したデータを返すVLOOKUP関数