スプレッドシートで折れ線グラフを作成する方法

今回は、「スプレッドシートで折れ線グラフを作成する方法」についてお伝えします。

数値を折れ線グラフで表現・比較する方法について学びましょう。


※目次をクリックすると
タイトルの先頭まで移動します(↓)

目次



まずはじめに

spreadsheet-linegraph18

折れ線グラフは、​​時系列で値の変動の推移をわかりやすく見せたいときに適したグラフです。

折れ線グラフには種類がありますので、サンプルデータを使ってそれぞれの特徴や作成方法を見ていきましょう。

  1. 折れ線グラフ
  2. 平滑線グラフ

サンプルシートはこち


タマ

サンプルシートはコピー

してご活用ください


折れ線グラフを作成する

セル範囲「A1:C6」を選択し、挿入メニューからグラフを選択してください。

spreadsheet-linegraph01

グラフが作成されました。

折れ線グラフ以外のグラフが作成される場合は、【グラフエディタ】画面の設定タブから【グラフの種類を選択】のプルダウンより折れ線グラフを選択してください。

spreadsheet-linegraph03

作成したグラフはドラッグ&ドロップで移動することができます。

spreadsheet-linegraph02

グラフの種類を変更する

グラフの種類を変更する方法を見ていきましょう。

グラフを選択して出てくる右上のメニューボタンからグラフを編集をクリックすることで【グラフエディタ】画面が表示されます。

または、グラフ内でダブルクリックから【グラフエディタ】を表示することもできます。

spreadsheet-linegraph04

平滑線グラフ

折れ線グラフの線を滑らかな曲線にしたグラフです。

プレゼン資料などで散布図と合わせて使われることが多いです。

設定タブの【グラフの種類】で平滑線グラフを選択することでグラフの種類を変更することができます。

spreadsheet-linegraph05

グラフを編集する方法

スプレッドシートのグラフをカスタマイズする方法を見ていきましょう。

  1. グラフタイトルを変更する
  2. データラベル(数値)を追加する
  3. グラフデータの色を変更する
  4. 1つだけ目立たせる
  5. 凡例の位置を変更する

グラフタイトルを変更する

カスタマイズタブからグラフと軸のタイトルを選択してください。

spreadsheet-linegraph06

タイトルの種類セレクタのプルダウンからグラフのタイトルを選択し、【タイトルテキスト】にタイトルとして表示したいテキストを入力してください。

spreadsheet-linegraph07

この画面より、タイトルのフォントサイズや色などの変更をすることもできます。


タイトルを非表示にする

タイトルテキストに入力されたテキストを削除することで、タイトルが非表示になります。

カスタマイズタブよりグラフと軸のタイトルを選択し、タイトルの種類セレクタのプルダウンからグラフのタイトルを選択。【タイトルテキスト】に入力されている「1月と2月」を削除してください。

spreadsheet-linegraph08

データラベル(数値)を追加する

カスタマイズタブから系列を選択してください。

spreadsheet-linegraph09

【データラベル】にチェックを入れることで、表の数字がグラフのデータ部分に表示されます。

spreadsheet-linegraph10

データポイントの変更

カスタマイズから系列を選択し、【形式】の【ポイントの形】から、プルダウンでポイントの種類を選択することができます。

spreadsheet-linegraph11

グラフデータの色を変更する

カスタマイズタブから系列を選択してください。

spreadsheet-linegraph15

タイトルの種類セレクタのプルダウンから変更たいデータを選択し、【線の色】のプルダウンよりお好みの色を選択してください。

spreadsheet-linegraph12

1つだけ目立たせる

目立たせたい箇所(ポイント)をダブルクリックし、点が一つ選択された状態で【塗りつぶしの色】からデータポイントの色を変更することができます。

データポイントのサイズを大きくすると、より目立たせることができます。

spreadsheet-linegraph13

凡例の位置を変更する

凡例を見やすい位置に変更したり、不要な場合は非表示にしたりすることができます。

カスタマイズタブから凡例を選択し、【位置】のプルダウンから凡例の位置を変更することができます。

spreadsheet-linegraph14

まとめ

Googleスプレッドシートで「折れ線グラフを作成する方法」についてお伝えしました。

データをグラフで表すことによって、視覚・直感的に情報を見やすく、分かりやすいく伝えることができます。

折れ線グラフの特徴をしっかりと理解し、見やすく伝わりやすいグラフ作成のスキルを習得しましょう。