【スプレッドシート】セルをクリックしカレンダーから日付を選択する方法

作りながら学ぶ!

シリーズ連載を通して、勤怠管理システムを作りながらスプレッドシートを体系的に学ぶ方法を解説。


第3回は「セルをクリックしカレンダーから日付を選択する方法」について説明していきます。

データ入力規則の機能を使い、勤怠管理システムの設定ページを作成しましょう。


タマ

全シリーズは以下シートにまとめてます!



※目次をクリックすると
タイトルの先頭まで移動します(↓)

目次

前回のおさらい

前回は、現場でよく使われている専門用語についてお伝えしました。


設定シートを作成する

今回は、上図のように稼働月や休日を管理するための【設定シート】を作成します。

日付(休み)の設定箇所は、セルをクリックしたらカレンダーが表示され、そこから日付を選べるようにしていきましょう。

以下3つの手順で進めていきます。

  • シート名を変更する
  • 設定項目を入力する
  • データ入力規則を設定する

シート名を入力する

新規スプレットシートのワークシート名(シートタブの名前)をダブルクリックし「設定」に変更してください。

シート名の変更

設定項目を入力する

次に、以下のように設定項目を記入してください。

シートはこうなります(↓)

spreadsheet-date-day_3
設定画面
稼働する年を記入してください。
稼働する月を記入してください。
日付(休み) 休日の日付を記入してください。※このセルで設定した日付の背景が自動変更されるようにします)
曜日(休み) 休日の曜日を記入してください。曜日は短縮形で表示します。例)月 ※このセルで設定した曜日の背景が自動変更されるようにします)


タマ

休日を増やしたい場合はD列

E列と右横に日付や曜日を

追加しましょう


データの入力規則を設定する

データ入力規則の設定で、セルをクリックするとカレンダーが表現されるように変更することができます。

spreadsheet-date-day2
データ入力規則

それでは、以下1〜3の手順で設定していきましょう。

  1. セル範囲「B3:G3」を選択
  2. データからデータ入力規則を選択
  3. 「条件」項目で日付▼ 有効な日付▼を選択し保存。

セル範囲「B3:G2」を選択

ドラッグしてセル範囲「B3:G2」を選択してください。

spreadsheet-date-day3

「データの入力規則」を選択

メニューバーのデータからデータ入力規則を選択してください。

spreadsheet-date-day4

「条件」項目を設定し保存

「条件」項目で日付▼ 有効な日付▼を選択し保存してください。

spreadsheet-date-day5

タマ

セル「B3」や「C3」をクリックしカレンダー表示になっているか試してみてください!


まとめ