Googleサイトで画像や資料を挿入する方法

1日で学べるGoogleサイトの教科書

シリーズ連載を通して「Google サイトの基礎」を解説しています。


こんにちは、たま(@closuppo)です。

今回は「第3回:Googleサイトで画像や資料を挿入する方法」について説明していきます。

お好みの箇所に画像やファイルを配置する方法を学びましょう。


※目次をクリックすると
タイトルの先頭まで移動します(↓)

目次



まずはじめに

Googleサイトではテキストの他に画像や資料などのファイル、Googleドキュメント、Googleスライド、Googleスプレッドシートなどを配置することができます。

この記事では画像やファイルのそれぞれの挿入方法を見ていきましょう。

googlesites-file01

画像を挿入する

右側の挿入メニューの画像ボタンより画像を挿入することができます。

挿入方法は【アップロード】と【選択】(ドライブやフォト)から選べます。

googlesites-file02

アップロード

【アップロード】を選ぶとローカルPCのフォルダ画面が開き、画像を選択し開くボタンをクリックすると画像が挿入されます。

googlesites-file03

画像が挿入できました。

googlesites-file06

ドラッグすることで画像の大きさを変えることができたり、画像の場所を移動することもできます。

googlesites-file15

選択(Googleドライブ)

【選択】を選ぶとGoogleドライブに保存している画像を選べる画面が開き、画像を選択し挿入ボタンをクリックすると画像が挿入されます。

googlesites-file07

レイアウトを選ぶ

挿入メニューのレイアウトボタンよりテキストと画像がまとまった形式で画像を挿入することができます。

googlesites-file08

レイアウトはいくつかのパターンを選択することができ、お好みのレイアウトをクリックするとボックスが追加されます。

ボタンをクリックすると画像の挿入方法が選べます。

googlesites-file09

画像カルーセルを挿入する

挿入メニューの画像カルーセルボタンよりスライドショーを配置することができます。

ボタンをクリックすると画像の挿入方法が選べます。

googlesites-file10

画像をドロップ&ドロップすることで画像の並び替えができます。

googlesites-file11

設定ボタンから【点を表示】【説明を表示する】【自動再生】などの項目を設定することができます。

【自動再生】では必要に応じて速度調節も可能です。

googlesites-file12

ドライブから挿入する

挿入メニューのドライブボタンより、Googleドライブに保存されているファイルを挿入することができます。

googlesites-file13

挿入できるのは画像だけではなく、Googleドキュメント、Googleスライド、Googleスプレッドシートも挿入することができます。

googlesites-file14

まとめ

  • 画像をアップロードやドライブから挿入することができる。
  • レイアウトを選ぶことができる。
  • テキストボックスのメニュバーからテキストのカスタマイズができる。
  • 画像カルーセルを使ってスライドショーを挿入することができる。
  • スプレッドシート、ドキュメント、スライドを挿入することができる。
  • ドライブのファイルやフォルダを挿入することができる。

Googleサイトで画像や資料を挿入する方法をお伝えいたしました。

細かい文字ばかりでは読みづらいサイトになってしまいます。

画像や資料を挿入することによってサイトの幅が広がりますので、うまく活用していきましょう。