Googleサイトでページを追加、削除、整理する方法

1日で学べるGoogleサイトの教科書

シリーズ連載を通して「Google サイトの基礎」を解説しています。


こんにちは、たま(@closuppo)です。

今回は「第5回:Googleサイトでページを追加、削除、整理する方法」について説明していきます。

複数のページを追加する方法や、ページを階層化して整理する方法を学びましょう。


※目次をクリックすると
タイトルの先頭まで移動します(↓)

目次



まずはじめに

Googleサイトでは複数のページを作成することができます。

この記事ではページを追加する方法や、ページを階層化してメニューを見やすくする方法について見ていきましょう。

googlesites-page01

ページを追加する

ページメニューからからをクリックしてください。

googlesites-page02

クリックすると、小さいウィンドウが出てきますので好きなページ名を入力し完了をクリックしてください。

googlesites-page03

ページが挿入できました。

googlesites-page04

ページ名を変更する

メニューバーのページ名をダブルクリックすることで、簡単にページ名を変更するこができます。

googlesites-page05

ページ名が変更されました。

googlesites-page06

ページをコピーする

すでに作成されたページをコピーして、ページを追加することができます。

コピーしたいページにマウスポインタをあわせ、縦三点リーダーをクリックしてください。

googlesites-page07

メニューのページのコピーを作成を選択して、ページ名を入力して完了をクリックしてください。

googlesites-page08

ページがコピーされました。

googlesites-page09

ページ名を移動する

作成したページを移動することができます。

ページメニューより移動したいページを選択してください。

googlesites-page11

次に選択したページを目的の位置にドラッグしてください。

googlesites-page12

最後のページに移動できました。

googlesites-page13

ページを階層化する

既に作成されたページにドラッグすることページを階層化することができます。

階層化したいページをクリックし、目的のページにドラッグしてください。

googlesites-page14

階層化されました。

googlesites-page15

サブページを追加する

作成されたページのメニューボタンよりサブページを追加することができます。

サブページを追加したいページにマウスポインタをあわせ、縦三点リーダーをクリックしてください。

googlesites-page16

メニュー中のサブページを追加を選択し、小さなウインドウに好きなサブページ名を入力後に完了をクリックするとサブページが作成されます。

googlesites-page17

サブページの階層は5層まで作成することができます。

googlesites-page18

ページを非表示にする

特定のページを非表示にして、インターネットに公開されないようにすることができます。

非表示にしたいページにマウスポインタをあわせ、縦三点リーダーをクリックしてください。

googlesites-page19

ナビゲーションに表示しないを選択してください。

googlesites-page20

ページに斜線が付き、ページが非表示になりました。

この状態のページはインターネットで非表示となり公開されません。

googlesites-page21

ページを公開したい場合はナビゲーションに表示を選択してください。

googlesites-page22

ページを削除にする

非表示にしたいページにマウスポインタをあわせ、縦三点リーダーをクリックしてください。

googlesites-page23

削除を選択してください。

googlesites-page24

ページが削除されました。

googlesites-page25

まとめ

  • 【ページ】メニューよりページの追加やコピーや削除ができる。
  • ページ名をダブルクリックするとページ名の変更ができる。
  • ページをドラッグすると並び替えできる。
  • 既に作成されたページにドラッグするとページを階層化できる。
  • ページを非表示にすることインターネットでページが公開されない。

Googleサイトでページを追加、削除、整理する方法についてお伝えしました。

全ての情報を1ページにまとめるのではなく、複数のページに分けてまとめていくことでサイトが見やすくなります。

カテゴリごとにサイトのメニューを階層化し、目的の項目が探しやすいサイトに仕上げていきましょう。