プレッドシートで行・列を非表示、グループ化する方法

1日で学べるスプレッドシートの教科書

シリーズ連載を通して「Google スプレッドシートの基礎」を解説しています。


こんにちは、クラサポ(@closuppo)です。

今回は「第19回:プレッドシートで行・列を非表示、グループ化する方法」について説明していきます。

不要な行・列を一時的に隠す方法や、グループ化してボタンで展開・折りたたみする方法を学びましょう。


※目次をクリックすると
タイトルの先頭まで移動します(↓)

目次



まずはじめに

表の見た目をスッキリをさせるために、一時的に行や列を隠しておきたいという場合には【非表示】か【グループ化】の機能が便利です。

サンプルシートを使って【非表示】や【グループ化】する方法を見ていきましょう。

spreadsheet-hide-group01

サンプルシート

たま

テンプレートを用意しているのでコピーしてご活用ください!


行・列を非表示にする

サンプルシートの6行目を非表示にしてみましょう。

シートの左端の行番号が記されている部分(数字)をクリックすると行の範囲が選択されます。

今回は6行目をクリックしてください。

spreadsheet-hide-group02

右クリックから行を非表示を選択してください。

spreadsheet-hide-group03

行が非表示になりました。

spreadsheet-hide-group04

同じ手順で列を非表示できます。

spreadsheet-hide-group05

複数行の行・列を非表示にする

セル範囲「6:7」を非表示にしてみましょう。

6行目と7行目を選択してください。

行番号(列番号)部分をドラッグすると複数の列や行をまとめて選択することができます。

spreadsheet-hide-group16

右クリックから行を非表示を選択してください。

spreadsheet-hide-group06

複数行が一括で非表示になりました。

spreadsheet-hide-group07

同じ手順で列を非表示できます。

spreadsheet-hide-group08

行・列を再表示する

非表示にした行にある をクリックすると再表示することができます。

列の場合は のをクリックします。

spreadsheet-hide-group09

行・列をグループ化する

頻繁に表示・非表示を繰り返す場合はグループ化の機能を活用しましょう。

グループ化された行や列は、ボタンで展開や折りたたみができるようになります。

試しに、セル範囲「6:7」をグループ化してみましょう。

6行目と7行目を選択してください。

行番号(列番号)部分をドラッグすると複数の列や行をまとめて選択することができます。

右クリックから行をグループ化を選択してください。

spreadsheet-hide-group10

行番号)の外側に表示されるボタンのクリックでグループ化した行が非表示になります。

spreadsheet-hide-group11

ボタンのクリックすると再表示されます。

spreadsheet-hide-group12

同じ手順で列をグループ化できます。

spreadsheet-hide-group13

行・列のグループを解除する

グループ化された列や行を選択した状態で右クリックをしグループを解除を選択すると、グループ化が解除されます。

spreadsheet-hide-group14

まとめ

  • 右クリックから行・列の非表示やグループ化をすることができる。
  • 非表示にした行にある ▲ ▼ をクリックすると再表示される。
  • 非表示にした列にある ◀ ▶ をクリックすると再表示される。
  • グループ化された行・列は【-】ボタンをクリックすると非表示になる。
  • グループ化された行・列は【+】ボタンをクリックすると再表示される。
  • グループ化された列や行を選択した状態で右クリックをし【グループを解除】を選択するとグループ化が解除される。

スプレッドシートで「行・列を非表示、グループ化する方法」方法をお伝えしました。

一時的に不要になった行・列は、非表示やグループ化の機能を使って目をスッキリさせましょう。