スプレッドシートでフィルタで絞り込む方法

1日で学べるスプレッドシートの教科書

シリーズ連載を通して「Google スプレッドシートの基礎」を解説しています。


こんにちは、たま(@closuppo)です。

今回は「第11回:スプレッドシートでフィルタで絞り込む方法」について説明していきます。

データの並び替えや、絞り込んで必要なデータのみ表示する方法を学びましょう。


※目次をクリックすると
タイトルの先頭まで移動します(↓)

目次



まずはじめに

フィルター機能を使えば、データを並び替えたり、必要なデータを絞り込んで特定のデータのみ表示することができます。

ここでは、現場でよく使われる4つのフィルタ機能をお伝えします。

  • 並び替える
  • 区分で絞り込む
  • テキストで絞り込む
  • 数値で絞り込む

みかん、りんご、メロンの単価・仕入れた数量・金額が入力されている下図のシートを使って、それぞれのフィルタ機能を解説していきます。

spreadsheet-filter01

サンプルシート

たま

見積書のテンプレートを用意しているのでコピーしてご活用ください!


並び替える

データを五十音順やアルファベット順、または数値順に並べ替えることができます。

例として、データを金額の降順(金額の大きい順)で並べ替えてみましょう。

並び替えたい範囲を選択しフィルタボタンをクリックしてください。

spreadsheet-filter02

フィルタが適応されると見出しの右側に【フィルタのマーク】が表示されます。

spreadsheet-filter03

フィルタボタンをクリックして、Z→Aで並べ替えを選択してください。

spreadsheet-filter04

売上の高い順にデータが並べ替わりました。

spreadsheet-filter05

A→Zで並べ替えを選択すると売上が低い順にデータが並べ変わります。

spreadsheet-filter06

区分で絞り込む

区分で絞り込み表示することができます。

果物の種類の中から【りんご】だけを絞り込み表示してみましょう。

絞り込みたい範囲を選択しフィルタボタンをクリックしてください。

spreadsheet-filter07

見出し(商品)の【フィルタマーク】をクリックし、クリアボタンをクリックしてチェックを全部外してください。

spreadsheet-filter08

【りんご】のみチェックし、OKボタンをクリックしてください。

spreadsheet-filter09

【りんご】のみ表示されました。

spreadsheet-filter10

テキストや数値で絞り込む

テキストや数値を条件に絞り込むことができます。

テキストであれば【完全一致】や【特定の文字を含む】などの絞り込みができ、数値であれば【数字の〇以上△以下】や【〇日より前の日付】など、様々な条件で絞り込むことができます。


特定の文字で絞り込む

【み】の文字を含む を条件に絞り込み表示してみましょう。

絞り込みたい範囲を選択しフィルタボタンをクリックしてください。

見出し(商品)の【フィルタマーク】をクリックし、条件でフィルタから次を含むテキストを選択してください。すると入力ボックスが表示されます。

spreadsheet-filter11

【み】と入力しOKボタンをクリックしてください。

spreadsheet-filter12

【み】の文字を含む項目が絞まれ【みかん】が表示されました。

spreadsheet-filter13

数字の〇以上△以下で絞り込む

サンプルシートを使って、売上が〇〇円から〇〇円の間 を条件に絞り込み表示してみましょう。

絞り込みたい範囲を選択しフィルタボタンをクリックしてください。

見出し(合計)の【フィルタマーク】をクリックし、条件でフィルタから次の間にあるを選択すると入力ボックスが表示されます。

spreadsheet-filter14

【2000】と【4000】を入力してください。

spreadsheet-filter15

売上が【2000】から【4000】の間で絞り込まれ表示されました。

spreadsheet-filter21

〇日より前の日付で絞り込む

サンプルシートを使って、〇日より前の日付 を条件に絞り込み表示してみましょう。

絞り込みたい範囲を選択しフィルタボタンをクリックしてください。

見出し(日付)の【フィルタマーク】をクリックし、条件でフィルタから次より前の日付を選択してください。

spreadsheet-filter17

正確な日時を選択すると入力ボックスが表示されます。

spreadsheet-filter18

【2021/5/1】と入力してください。

spreadsheet-filter19

【2021/5/1】より前の日付で絞り込まれ表示されました。

spreadsheet-filter20

まとめ

  • フィルター機能でデータを並び替えたり、必要なデータを絞り込んで特定のデータのみ表示するこができる。
  • 区分で絞り込み表示することができる。
  • テキストでは「完全一致」や「特定の文字を含む」などの条件を指定して絞り込み表示ができる。
  • 数値では「数字の〇以上△以下」や「〇日より前の日付」などの条件を指定して絞り込み表示ができる。

Googleスプレッドシートでデータの並び替えや、絞り込んで必要なデータのみ表示する方法についてお伝えしました。

大量のデータを絞り込んで特定のデータのみ表示するにはフィルタ機能が便利です。

不要なデータを非表示にして必要な情報を素早く見つけることができますし、分析にも役立ちます。

並べ替えや絞り込みの機能をうまく使って検索や集計作業を効率化していきましょう。