スプレッドシートでセルを参照する方法(絶対参照・相対参照・複合参照)

1日で学べるスプレッドシートの教科書

シリーズ連載を通して「Google スプレッドシートの基礎」を解説しています。


今回は「第4回:スプレッドシートでセルを参照する方法(絶対参照・相対参照・複合参照)」について説明していきます。

セル参照の意味や、参照方法の違いについて学びましょう。


タマ

全シリーズは以下シートにまとめてます


※目次をクリックすると
タイトルの先頭まで移動します(↓)

目次



セル参照とは?

セル参照とは、「=A1」のように特定のセル番地を指定することを言います。

セル番地を指定(参照)することによって、指定先のセルの値が変化しても、自動的に変更された値を引っ張って自動更新してくれます。

reference01

このセルを参照する方法には【相対参照】【絶対参照】【複合参照】の3つの方法があります。


ココ

セル番地って何ですか?

セル番地とは?

セル番地とは、指定したセルの列番号と行番号を組み合わせて表示する番号のことです。

例えば、列番Bの行番号2にあたるセルは、セル番地が「B2」となります。

reference02

ココ

理解しました

タマ

それぞれの参照方法と違いに

ついて見ていきましょう。


相対参照

相対参照とは、参照先が数式に連動して変化する参照方法です。

数式をコピーすると、コピー先のセル位置に応じて参照先のセルが自動的に変化します。

下図の売上①サンプルシートを例に、どのように変化するか見ていきます。

reference21

売上①サンプルシート

タマ

サンプルシートを用意しているので

コピーしてご活用ください

数式は入力モードを半角にし「 = 」(イコール)に続けて計算式を入力します。

セル「E4」に「=C4*D4」と入力し、ビールの売上を計算してください。

こちらは、単価(300) ×本数(30) = 金額(9,000) と計算しています。

第1回の記事「計算式の基礎」でお伝えしたとおり、掛け算は演算子の「* (アスタリスク)」を使います。

reference03

次に、この「=E4」をコピーして、セル範囲「E5:E6」にペースト(貼り付け)してください。

それぞれの商品の売上が計算されました。

このように、相対参照ではコピーすると数式のセル番地が移動します。

reference04

第2回の記事でお伝えしたオートフィルでも計算式を入力することができます。

reference0

ココ

相対参照はコピペすると

セル番地が移動する


絶対参照

絶対参照とは、参照するセル番地が常に固定される参照方法です。

「$C$5」のように【$】ドル記号を列番号(アルファベット)と行番号(数字)につけることで、数式をコピーしても常に同じセルを参照します。

売上②サンプルシートを例に、どのように変化するかを見ていきましょう。

売上②サンプルシート

比較した方が分かりやすいと思いますので、相対参照と絶対参照それぞれどう変化するか見ていきます。

まずは相対参照からです。

セル「D6」に「=C3*C6」と入力し、2月1日の金額を計算してください。

こちらは、ビールの単価(300) ×本数(5) = 金額(1,500) と計算しています。

reference05

次に、セル「D6」をコピーして、セル「D7」に貼り付けてみましょう。

相対参照は参照先のセルが移動するため、正しく計算できません。

reference06

次に、絶対参照で参照してみます。

絶対参照は列番号(アルファベット)と行番号(数字)の横に【$】ドル記号をつけるので、セル「D6」には「=$C$3*C6」と入力します。

reference07

次に、セル「D6」をコピーして、セル「D7」に貼り付けてみましょう。

【$】ドル記号が付いたセルは絶対参照(固定)となりコピペしてもセル番地は移動しないので正しく計算する事ができました。

reference08

ココ

絶対参照はコピペしても

セル番地が固定される


複合参照

複合参照とは、相対参照と絶対参照の特徴をを組み合わせた参照方法です。

「C$5」のように【$】ドル記号を行番号(数字)につけることで参照先の行番号(数字)が固定され、「$C5」のように【$】ドル記号を列番号(アルファベット)につけると参照先の列番号(アルファベット)が固定されます。

下図の九九表サンプルシートを例に、どのように変化するかを見ていきましょう。

reference09

九九表サンプルシート


タマ

複合参照は少し難しくなります

サンプルシートの「B2」に1つ数式を入力し、下と右にオートフィルでコピーして九九表を作っていきます。

まずは相対参照でコピーするとどうなるか見ていきます。

セル「B2」に「=A2*B1」と入力してください。

reference10

次に、セル「B2」を下にオートフィルでコピーしてみましょう。

reference11

相対参照は参照先のセル番地が移動するため、正しく計算できませんでした。

reference12

同様に、セル「B2」を右にオートフィルでコピーしても参照先が移動するため正しく計算されません。

reference13

ここで必要になってくるのが複合参照です。

行・列のどちらか片方を固定することで、下と右にオートフィル機能を使ってコピーして九九が正しく計算されるようになります。


複合参照で列番号(アルファベット)を固定する

複合参照で列番号(アルファベット)を固定する方法から見ていきましょう。

セル「B2」に「=$A2」と入力してください。

行番号(数字)と同様に、列番号(アルファベット)の左側に【$】ドル記号をつけると列番号(アルファベット)が固定されます。

試しに右にオートフィルでコピーして見てください。

列番号(アルファベット)が固定されてますね。

reference14

複合参照で行番号(数字)を固定する

次に、複合参照で行番号(数字)を固定する方法を見ていきましょう。

セル「B2」に「=B$1」と入力してください。

行番号(数字)の下側に【$】ドル記号を入力することで行番号(数字)が固定されます。

試しに右にオートフィルでコピーしてみてください。

行番号(数字)が固定されてますね。

reference15

複合参照で九九表を作成する

ここまでの説明で複合参照の特徴が理解できたかと思います。

この複合参照の特徴を活かして、1つ数式で右と下にオートフィルでコピーして九九表を作成して見ましょう。

セル「B2」入力する数式はこうなります。

=$A2*B$1

こちらは、下にオートフィルをするときに1行目のセルが移動してしまうと正しく計算されないので、列番号(アルファベット)の左側に【$】ドル記号を付けて列番号(アルファベット)が変わらないよう複合参照で固定しています。

また、右にオートフィルをするときにA列のセルが移動してしまうと正しく計算されないので、行番号(数字)の左側に【$】ドル記号を付けて行番号(数字)が変わらないよう複合参照で固定しています。

それでは、右と下にオートフィルでコピーして見てください。

この数式でオートファイルでコピーできるようになります。

全てのセルが正しく計算され、九九表を作成することができました。

reference22

ココ

難しい…

タマ

複合参照は慣れるまで難しいので

ゆっくり自分のペースで学んでいき

ましょう


ショートカットキー

https://www.google.co.jp/amp/s/prau-pc.jp/excel/compound-reference/%3famp=1

ショートカットキーを使えば一瞬で「$」ドル記号をつけることができます。

対象のセル番地にカーソルがある状態でキーボードの【F4】キーを1回押すと行番号(アルファベット)と列番号(数字)の両方に【$】ドル記号がつき、押すたびに【$】ドル記号の位置が変更されます。

セル「=A1」を例に試して見ましょう。

【F4】キーを1回押すと、

reference23

このように、行番号(アルファベット)と列番号(数字)の両方に【$】ドル記号が付き絶対参照になります。

もう1回押すと、列番号(数字)の【$】ドル記号が消え、行だけ固定されます。

reference19

さらに押すと、行番号(数字)の【$】ドル記号が消え、列番号(アルファベット)の【$】ドル記号が復活し列が固定されます。

reference20

さらに押すと、最初の相対参照に戻ります。

reference17

まとめるとこうなります。

reference16

タマ

MacでF2(セルの編集)を使う

ためには設定変更が必要です


まとめ

  • セル番地を指定(参照)することで指定先のセルの値が変化しても自動的に変更された値を引っ張って自動更新してくれる。
  • 相対参照とは参照先が数式に連動して変化する参照方法。
  • 絶対参照とは参照するセル番地が常に固定される参照方法。列番号と行番号の左側に【$】ドル記号をつけることで参照先が固定される。
  • 複合参照とは相対参照と絶対参照の特徴を組み合わせた参照方法。列番号の左側に【$】ドル記号をつけると参照先の列番号が固定され、行番号の左側に【$】ドル記号をつけると行番号が固定される。
  • WindowsとMacとではキーボード操作が異なる
  • 【F4】キーを1回押すと行列両方に【$】ドル記号がつき絶対参照となる。
  • 【F4】キーを2回押すと行番号(アルファベット)の前に【$】ドル記号がつき複合参照となる。
  • 【F4】キーを3回押すと列番号(数字)前に【$】ドル記号がつき複合参照となる。
  • 【F4】キーを4回押すと【$】ドル記号が消え相対参照となる。

Goolge スプレッドシートの【相対参照】【絶対参照】【複合参照】の使い方と違いについてお伝えしました。

参照の違いや用途を理解しておくことで作業効率が大幅にアップします!

特に、絶対参照は使う機会が多いです。使いこなせるようになりましょう。


ココ

難しいけどスキルアップのため

に頑張って使いこなせるように

なります

タマ

次回は「操作を元に戻す・やり直

しする方法」を見ていきましょう



1日で学べるスプレッドシートの教科書

教科書スケジュール2

シリーズ連載を通してスプレッドシートの基礎をまとめてます。

手順通りに学習を進めていけば1日でスプレッドシートの基礎を学べます。

データ入力の基礎

表示形成の変更

行・列の操作

シートの操作

集計の基礎

はじめに覚えておきたい6関数