スプレッドシートで文字・数字・日付・曜日の表示形成を設定する方法

1日で学べるスプレッドシートの教科書

シリーズ連載を通して「Google スプレッドシートの基礎」を解説しています。


今回は「第13回:スプレッドシートで文字・数字・日付・曜日の表示形成を設定する方法」について説明していきます。

数値やテキストをカスタマイズして表記を変更する方法について学びましょう。


タマ

全シリーズは以下シートにまとめてます


※目次をクリックすると
タイトルの先頭まで移動します(↓)

目次



まずはじめに

Google スプレッドシートにはさまざまな書式設定オプションが組み込まれているため、文字・数字・日付・曜日をカスタマイズしてお好みの表記に変更することができます。

spreadsheet-display-format21

タマ

それでは、表示形成の変更方法を

見ていきましょう


数字の表記変更

桁数、%(パーセント)などお好みの表示形式に変更することができます。

カスタマイズは、メニューバーの表示形成より設定できます。

数字を0(ゼロ)埋めて表示

【0001】のように桁を合わせて表示することができます。

セル「B2」に数字の【1】と入力してください。

spreadsheet-display-format01

数字を入力したセルを選択した状態で、メニューバーの表示形成から数字表示形式の詳細設定カスタム数値形式を選択すると【カスタム数値形成】のウィンドウが表示されます。

spreadsheet-display-format02

入力窓に【0(ゼロ)】4つを入力してください。

セルへの入力値【1】に対して【0001】 と表示する場合、桁数は4ですので5個分の【0(ゼロ)】を指定します。

spreadsheet-display-format03

適応ボタンをクリックしたら設定完了です。

数字の【1】が【0001】に変更されました。

spreadsheet-display-format04

ココ

変更できました


数字をパーセントで表示

【10%】のように数字を%(パーセント)の表記に変更することができます。

セル「B3」に数字の【0.1】と入力してください。

spreadsheet-display-format05

数字を入力したセルを選択した状態で表示形成をパーセントに設定ボタンをクリックすることで、少数をパーセントに変更することができます。

spreadsheet-display-format06

初期設定のままだと小数点2桁まで表示されます。

桁数を調整したい場合は小数点以下の桁数を減らすボタン、もしくは小数点以下の桁数を増やすボタンをクリックしてください。

spreadsheet-display-format07

日付の表記変更

【2020/2/1】【2021年2月1日】【1】のようにカレンダーの日付をお好みの表記に変更することができます。

【2020年2月1日】の表記を【1】に変更してみましょう。

セル「B4」に数字の【2020年2月1日】と入力してください。

spreadsheet-display-format08

日付を入力したセルを選択した状態で、メニューバーの表示形成数字から表示形式の詳細設定その他の日付や時刻の形式を選択していくと【カスタムの日付と時刻の形式】というウィンドウが開きます。

spreadsheet-display-format09

入力窓で【日(5)】だけを残して他の要素は【Delete】で削除してください。

spreadsheet-display-format10

適応ボタンをクリックしたら表示形成の変更完了です。

spreadsheet-display-format11

曜日の表記変更

【月曜日】【月】【(月)】のように曜日をお好みの表記に変更することができます。

【2020/2/1】の表記を【(月)】に変更してみましょう。

セル「B5」に数字の【2020年2月1日】と入力してください。

spreadsheet-display-format17

メニューバーの表示形成から数字表示形式の詳細設定その他の日付や時刻の形式を選択してください。

入力窓で【日(5)】だけを残して他の要素は【Delete】で削除してください。【日(5)】の上下マークをクリックしてください。

spreadsheet-display-format14

【曜日の省略形(日)】を選択して適応ボタンをクリックします。

spreadsheet-display-format15

適応ボタンをクリックしたら表示形成の変更完了です。

spreadsheet-display-format16

文字を追加する方法

入力データの最後に、任意の文字・記号・数値を自動的に追加することができます。

人の名前を入力した際に、〇〇様といったように名前の後ろに自動的に「様」が追加されるように設定してみましょう。

セル範囲「B6」を選択した状態で、メニューバーの表示形成から数字表示形式の詳細設定カスタム数値形式を選択してください。

spreadsheet-display-format18

入力欄に【@ 様】と入力してください。

こちらは【@】の後ろに【半角スペース】と【様】を記入しています。

spreadsheet-display-format19

このように【@】の後ろに任意の文字・記号・数値を入力することで、入力データの最後に自動追加することができます。

適応ボタンをクリックしたら設定完了です。

spreadsheet-display-format20

まとめ

  • 文字・数字・日付・曜日をカスタマイズしてお好みの表記に変更することができる。
  • 数字の桁数の変更、%(パーセント)表記、任意の文字・記号・数値を自動的などのカスタマイズはメニューバーの表示形成より設定できる。

Google スプレッドシートの数字・日付・文字・曜日の書式をお好みの見やすい表記に変更する方法についてお伝えしました。

日付や曜日を扱うシートを作るときに表示形成すごく役立つスキルとなります。

表示形成を使って、見やすく・分かりやすい表にしていきましょう。


ココ

使いこなせるよう

がんばります

タマ

次回は「文字の配置・折り返し・改行

する方法」を見ていきましょう



1日で学べるスプレッドシートの教科書

教科書スケジュール2

シリーズ連載を通してスプレッドシートの基礎をまとめてます。

手順通りに学習を進めていけば1日でスプレッドシートの基礎を学べます。

データ入力の基礎

表示形成の変更

行・列の操作

シートの操作

集計の基礎

はじめに覚えておきたい6関数