スプレッドシートで検索と置換する方法

1日で学べるスプレッドシートの教科書

シリーズ連載を通して「Google スプレッドシートの基礎」を解説しています。


こんにちは、たま(@closuppo)です。

今回は「第6回:スプレッドシートで検索と置換する方法」について説明していきます。

特定のキーワードを検索したり、特定の文字を別の文字に置き換える方法を学びましょう。


※目次をクリックすると
タイトルの先頭まで移動します(↓)

目次



まずはじめに

Googleスプレッドシート内のデータが増えてくると、特定の文字を探すのが大変になってきます。

また、大量のデータを置き換えるのに手作業で入力するとなると、入力ミスが発生しやすく作業効率が悪いです。

検索と置換の機能を使って業務を楽にしていきましょう。

今回は下図のシートを使って検索と置換する方法について解説していきます。

search-and-replace01

※資料:総務省「平成27年国勢調査」

サンプルシート①

たま

テンプレートを用意しているのでコピーしてご活用ください!


特定の文字を検索する

文字を検索するにはショートカット キーを使います。

キーボードのCtrlを押しながらFを押すと、右上に検索ボックスが表示されます。

WindowsとMacとでは検索・置換のショートカット キーが違います。

種類 ショートカットキー
Windows Ctrl+K
Mac +K

search-and-replace02

[シート検索]と書いてあるテキストボックスに「大阪」と入力すると、文字列に部分一致したセルが緑色でハイライトされました。

search-and-replace03

このように、簡単に特定のキーワードを検索することができます。

キーボード操作に慣れるまで少し時間がかかるかもしれませんが、慣れてしまえばパソコン操作の効率が一気にアップします。

ショートカット キーは必ず覚えておくことをオススメします。


特定の文字を置換する

置き換えの機能は2つの方法で操作することができます。

  • 編集メニュー
  • ショートカット キー

下記、サンプルシート②を例に解説していきます。

search-and-replace04

※資料:疑似個人情報生成

サンプルシート②


編集メニューから検索・置換する

メニューバーの編集から検索と置換を選択すると入力ボックスが表示されます。

search-and-replace05

[検索]ボックスに置換したい文字列、[置換後の文字列]ボックスに置換後に表示したい文字列を入力してください。

ここでは[検索]ボックスに「男性」、[置換後の文字列]ボックスに「おとこ」と入力します。

search-and-replace06

次に、[検索]ボックスのプルダウンリストで置換するセル範囲を指定します。

特定の範囲を選択し、【データ範囲】ボタンをクリックしてください。

search-and-replace07

置換するセル範囲を指定しOKボタンをクリックしてください。

search-and-replace09

すべて置換ボタンをクリックしてください。

search-and-replace10

指定したセル範囲の文字が置換されました。

search-and-replace11

ショートカット キーから検索・置換する

キーボードのCtrlを押しながらHを押すと検索と置換の入力ボックスを表示することができます。

後の操作は編集メニューから検索と置換を選択して操作する方法と同じです。

WindowsとMacとでは検索・置換のショートカット キーが違います。

種類 ショートカットキー
Windows Ctrl+H
Mac +Shift(⇧)+H


まとめ

  • 大量データから特定の文字を検索するのはショートカット キーを使うと便利。
  • キーボードのCtrlを押しながらFを押すと、右上に検索ボックスを表示することができる。MAcは+Shift(⇧)+Hで検索ボックスを表示。
  • 編集メニューの検索と置換から特定の文字を任意の文字に置換できる。
  • ショートカット キーで[検索と置換]入力ボックスを表示できる。

Googleスプレッドシートでセルにリンクを挿入・編集・削除する方法についてお伝えしました。

数文字の置き換えなら手作業でも問題ありませんが、大量のデータを置き換えるときは置換機能が欠かせません。

手作業のような入力ミスを防ぐことにもつながりますし、作業効率が大幅にアップします。