スプレッドシートで連続してデータを入力する方法

1日で学べるスプレッドシートの教科書

シリーズ連載を通して「Google スプレッドシートの基礎」を解説しています。


こんにちは、たま(@closuppo)です。

今回は「第2回:スプレッドシートで連続してデータを入力する方法」について説明していきます。

「オートフィル」を使ってデータ入力する方法を学びましょう。



※目次をクリックすると
タイトルの先頭まで移動します(↓)

目次

まずはじめに

Google スプレッドシートで連続したデータを入力する場合は「オートフィル」機能を使うと便利です。

セルの右下に現れる四角いアイコン(フィルハンドル)をドラッするだけで簡単にデータ入力することができます。

data-autofill01

それでは、オートフィルを使ったいつくかの入力パターンを見ていきましょう。


連続するデータを入力する方法

連番や同じ値をオートフィルで入力します。

data-autofill02

連番で入力する方法

1、2、3…と連番でデータ入力してみましょう。

A4に「1」を入力し、選択した範囲のフィルハンドル (小さな黒い四角) にマウス ポインタを合わせると「」に変わりますのでCtrlキーを押しながら「」を下へドラッグしてください。

Macはoptionキーを押しながら「」を下へドラッグしてください。

※WindowsとMacとでは操作が異なります。

種類 操作
Windows Ctrl+フィルハンドルをドラッグ
Mac option+フィルハンドルをドラッグ

data-autofill33

ドラッグしたところまで連番が入力されました。

data-autofill04

同じ値を入力する方法

同じ値をデータ入力してみましょう。

A4に「1」を入力し、選択した範囲右下のフィルハンドル (小さな黒い四角) にマウス ポインタを合わせると「」に変わります。「」をドラッグしてください。

data-autofill05

ドラッグしたところまで同じ値が入力されました。

data-autofill06

規則性のある数値の入力

規則性のある連番をオートフィルで入力します。

data-autofill07

連番を入力する方法

1、2、3…と連番でデータ入力してみましょう。

A4に「1」、A5に「2」を入力。

入力した2つのセルを選択し、選択した範囲右下のフィルハンドル (小さな黒い四角) にマウス ポインタを合わせると「」に変わりますのでCtrlキーを押しながら「」を下へドラッグしてください。

Macはoptionキーを押しながら「」を下へドラッグしてください。

data-autofill08

ドラッグしたところまで同じ値が入力されました。

data-autofill09

10ずつ増える番号を入力する方法

10、20、30…と10ずつ増える番号でデータ入力してみましょう。

A4に「10」、A5に「20」を入力します。

入力した2つのセルを選択し、選択した範囲右下のフィルハンドル (小さな黒い四角) にマウス ポインタを合わせると「」に変わりますのでCtrlキーを押しながら「」を下へドラッグしてください。

Macはoptionキーを押しながら「」を下へドラッグしてください。

data-autofill10

規則に合った10ずつ増える番号が入力されました。

data-autofill11

連続する日付の入力

2/1、2/2、2/3…と連続した日付でデータ入力してみましょう。

A4に「1」を入力し、選択した範囲右下のフィルハンドル (小さな黒い四角) にマウス ポインタを合わせると「」に変わります。「」をドラッグしてください。

data-autofill12

連続して日付が入力されました。

data-autofill13

連続する曜日の入力

月曜日、火曜日、水曜日…と連続した曜日でデータ入力してみましょう。

A4に「1」を入力し、選択した範囲右下のフィルハンドル (小さな黒い四角) にマウス ポインタを合わせると「」に変わります。「」をドラッグしてください。

data-autofill14

連続して曜日が入力されました。

data-autofill15

まとめ

  • Ctrlキーを押しながらフィルハンドルを下へドラッグすると連続してデータ入力できる。(Macはoptionキーを押しながらドラッグ)
  • 規則性のあるデータ範囲を選択しCtrlキーを押しながらフィルハンドルを下へドラッグすると連続して規則に合ったデータ入力できる。(Macはoptionキーを押しながらドラッグ)

Google スプレッドシートのオートフィルを使って連続してデータを入力する方法についてお伝えしました。

大量のデータを一つ一つ手打ちで入力するのは手間ですし、とても非効率です。

連番などの規則性のあるデータは「オートフィル」を使うようにしましょう。