スプレッドシートでリンクを挿入・編集・削除する方法

1日で学べるスプレッドシートの教科書

シリーズ連載を通して「Google スプレッドシートの基礎」を解説しています。


こんにちは、たま(@closuppo)です。

今回は「第7回:スプレッドシートでリンクを挿入・編集・削除する方法」について説明していきます。

テキストにURLを貼りつけて、クリックでWebページを開く方法を学びましょう。


※目次をクリックすると
タイトルの先頭まで移動します(↓)

目次



まずはじめに

テキストにリンクを挿入すると、クリックするだけで目的のシートやWebページを開くことができます。

リンク機能を使って業務の効率化に役立てましょう。

spreadsheet-link04

リンクを挿入

リンクを挿入の機能は4つの方法で操作することができます。

  • 右クリック
  • 挿入メニュー
  • ツールバー
  • ショートカット キー


右クリックでリンクを挿入する

リンクを追加したいセルを選択し、右クリックからリンクを挿入を選択すると入力ボックスが表示されます。

spreadsheet-link02

②リンク先のURLを入力し適用をクリックしてください。

テキストを変更することもできます。

spreadsheet-link03

③リンクの挿入ができました。

クリックすると指定したリンク先が開きます。

spreadsheet-link04

挿入メニューからリンクを挿入する

メニューバーの挿入からリンクを挿入を選択すると入力ボックスが表示されます。

spreadsheet-link05

ツールバーからリンクを挿入する

ツールバーのリンクを挿入ボタンを選択すると入力ボックスが表示されます。

spreadsheet-link06

ショートカット キーでリンクを挿入する

キーボードのCtrlを押しながらKを押すと、入力ボックスが表示されます。

WindowsとMacとではコピペのショートカット キーが違います。

種類 ショートカットキー
Windows Ctrl+K
Mac +K


リンクを編集

リンクを挿入の機能は4つの方法で操作することができます。

  • 右クリック
  • 挿入メニュー
  • ポップアップ
  • ショートカット キー

右クリックでリンクを編集する

リンクを編集したいセルを選択し、右クリックからリンクを編集するを選択すると入力ボックスが表示されます。

spreadsheet-link07

リンク先のURLを編集し適用をクリックしたら編集完了です。

spreadsheet-link08

挿入メニューからリンクを編集する

メニューバーの挿入からリンクを編集するを選択すると入力ボックスが表示されます。

spreadsheet-link09

ポップアップからリンクを編集する

セルを選択するとポップアップが表示されますので、リンクを編集するボタンをクリックすると入力ボックスが表示されます。

spreadsheet-link10

ショートカット キーでリンクを編集する

キーボードのCtrlを押しながらKを押すと、入力ボックスが表示されます。

spreadsheet-link08

リンクを削除する

リンクを挿入の機能は2つの方法で操作することができます。

  • 右クリック
  • ポップアップ

右クリックでリンクを削除する

リンクを編集したいセルを選択し、右クリックからリンクを削除を選択するとリンクが削除されます。

spreadsheet-link12

ポップアップからリンクを削除する

セルを選択するとポップアップが表示されますので、リンクを削除ボタンをクリックするとリンクが削除されます。

spreadsheet-link13

まとめ

  • 右クリック、挿入メニュー、ツールバー、ショートカット キーの4つの方法からリンクを挿入や編集ができる。
  • WindowsとMacとでは検索・置換のショートカット キーが違う。
  • 右クリック、ポップアップの2つの方法からリンクの削除ができる。

Googleスプレッドシートでセルにリンクを挿入・編集・削除する方法をお伝えしました。

リンクを活用すれば、作業の効率化や、よりわかりやすい資料作りができるようになります。

必要に応じて1クリックでWebページやスプレッドシートが開けるよう、工夫してリンクの挿入を使っていきましょう。