スプレッドシートに入力するデータの種類

1日で学べるスプレッドシートの教科書

シリーズ連載を通して「Google スプレッドシートの基礎」を解説しています。


こんにちは、たま(@closuppo)です。

今回は「第1回:スプレッドシートに入力するデータの種類」について説明していきます。

どのような入力データがあるかを理解しておきましょう。



※目次をクリックすると
タイトルの先頭まで移動します(↓)

目次

まずはじめに

スプレッドシートに入力するデータは大きく4種類に分かれます。

  • 数字
  • 日付と時刻
  • テキスト(文字列)
  • 数式

これら4種類のデータを組み合わせることでスプレッドシートで色々な事が出来るようになります。

しっかりと理解しておきましょう。


「1」「1,000」「-1,000」などのデータです。

数字は入力モードを半角にして入力する必要があり、通常の数字以外にもマイナス表記やパーセント表記など、カスタマイズしてお好みの表記に変更することができます。

data-type07

日付と時刻

「2020-2-1 10:00」「2020/1」「2/1」などのデータです。

日付は入力モードを半角にし、数字と「 / 」(スラッシュ)または「 – 」(ハイフン)との組み合わせて入力します。

時刻は入力モードを半角にし、「 ; 」(コロン)との組み合わせを入力します。

日付や時刻もカスタマイズしてお好みの表記に変更することができます。

data-type08

テキスト(文字列)

「あああ」「テキスト」「text」などのデータです。

日本語やアルファベットなどの文字を入力します。

全角・半角のどちらでも入力できます。

data-type09

数式

「 =1+1 」「 =5*1」「 =10/5」などのデータです。

入力モードを半角にし、「 = 」(イコール)に続けて計算式や関数を入力します。

数式では、数字だけではなく文字列も使用するこができます。

数式内で文字列を使用する場合は、「 ” 」(ダブルクォーテーション)で囲むというルールがあります。

data-type10

計算式の基礎

数式を理解するために計算式の基礎を覚えておきましょう。

計算式は「 = 」から始め、一通り計算式を入力し最後に「Enter」を押して完了となります。

計算式で使われる下記の記号を見てください。

演算子 処理 使い方
+ (プラス) 足し算 =1+1
– (マイナス) 引き算 =1-1
* (アスタリスク) 掛け算 =1*1
/ (スラッシュ) 割り算 =1/1

この足し算、引き算、掛け算、割り算などをする時に使う記号を「演算子」と言います。

計算式は、この演算子と数字を組み合わせて入力します。

理解が深まるよう、表の「使い方」を参考にして実際にスプレッドシートに入力しみましょう。


まとめ

  • スプレッドシートに入力するデータは大きく4種類に分かれる。(数字、日付と時刻、テキスト、数式)
  • 種類の違うデータを組み合わせることでスプレッドシートで色々な事が出来るようになる。
  • 計算式は「 = 」から始め一通り計算式を入力し最後に「Enter」を押す。
  • 足し算、引き算、掛け算、割り算は演算子と数字を組み合わせて入力する。

Google スプレッドシートに入力する4種類のデータについてお伝えしました。

データの種類の違いを理解しておくことで学習効率がアップします。

効率よく学習していくためにも、基本的な入力方法をしっかりマスターしておきましょう。