スプレッドシートで行・列の挿入、削除、移動する方法

1日で学べるスプレッドシートの教科書

シリーズ連載を通して「Google スプレッドシートの基礎」を解説しています。


こんにちは、クラサポ(@closuppo)です。

今回は「第17回:スプレッドシートで行・列の挿入、削除、移動する方法」について説明していきます。

行・列の挿入と削除の操作や、ドラッグ&ドロップで行・列を移動する方法を学びましょう。


※目次をクリックすると
タイトルの先頭まで移動します(↓)

目次

まずはじめに

表を作成しているとデータ入力をすセルが足りなくなったり、不要になった行や列の削除が必要になることがあります。

また、表を見やすくするために行・列の並び替えが必要になることもあります。

そのような場合に、表を一から作り直さなくてもいいように行・列の【挿入】【削除】【移動】する方法を理解しておきましょう。

下図のサンプルシートを使って解説していきます。

spreadsheet-row-column01

サンプルシート

たま

見積書のテンプレートを用意しているのでコピーしてご活用ください!


行と列の覚え方

スプレッドシートを学んでいると、頻繁に「行」または「列」のキーワードが出てきます。仕事上でスプレッドシートの資料を説明するときにも「行」または「列」のキーワードはよく使います。

ふと忘れてしまい「あれ、どっちが行だっけ?列だっけ?」と困ることがあるかもしれないので、行と列の覚え方も紹介しておきます。

spreadsheet-basic1

スプレッドシートでは、 横方向を「行」と言い、縦方向を「列」と言います。

数字の範囲を行と呼び、漢字が横方向に二重線になっているので「行は横」と覚えます。

一方、アルファベットの範囲は列と呼び、漢字が縦方向に二重線になっているので「列は縦」と覚えます。


行・列を挿入する方法

行・列を挿入については2つの手法を覚えておきましょう。

  • 右クリック
  • 挿入メニュー

右クリック

サンプルシートの7行目の上に1行追加してみましょう。

シートの左端の行番号が記されている部分(数字)をクリックすると行の範囲が選択されます。

今回は7行目をクリックしてください。

spreadsheet-row-column02

7行目のセル範囲が選択された状態で【右クリック】し1行を上に挿入を選択してください。

1行を下に挿入を選択すると下に行が追加されます。

spreadsheet-row-column03

1行追加されました。

spreadsheet-row-column04

列の挿入方法は、行の操作と同じ手順となります。

シートの上端の列番号が記されている部分(アルファベット)をクリックし【右クリック】から1行を左に挿入を選択すると、左側に1行追加されます。

spreadsheet-row-column05

ボタンからも操作できます。

spreadsheet-row-column06

複数行を挿入する

複数の行をまとめて挿入することもできます。

7~8行目を選択を選択し、【右クリック】より2行を上に挿入を選択すると上側に2行追加されます。

spreadsheet-row-column07

挿入メニュー

7行目のセル範囲を選択した状態で、メニューバーの挿入ボタンから上に1行を選択することで行が挿入されます。

spreadsheet-row-column08

列の挿入方法は、行の操作と同じ手順となります。


行・列を削除する方法

行の削除も【右クリック】か【挿入メニュー】より操作を行えます。

空白となっている7行目を【右クリック】で削除してみましょう。

7行目のセル範囲が選択された状態で【右クリック】し行を削除を選択すると行が削除されます。

spreadsheet-row-column09

・列を移動する方法

ドラッグ&ドロップで行・列の並び替えをすることができます。

8行目の【日本酒】の列を6行目の【ビール】の1つ上に移動してみましょう。

シートの左端の行番号が記されている部分(数字)の8行目をクリックしカーソルを合わせると手のアイコンに変更します。

spreadsheet-row-column10

手のアイコンのまま行を長押し(クリックし続ける)するとアイコンが「つかんでいる」状態になり、そのまま上にドラッグすると行を移動することができます。

spreadsheet-row-column11

まとめ

  • 特定の文言を条件に書式設定できる。
  • セルの値を条件に書式設定できる。
  • 数式を条件に書式設定できる。
  • 条件付き書式設定画面から【ゴミ箱】ボタンをクリックすると設定を解除できる。

Googleスプレッドシートの行・列の挿入、削除、移動する方法についてお伝えしました。

表を作成しているとデータ入力をすセルが足りなくなったり、不要になった行や列の削除が必要になることがあります。

また、表を見やすくするために行・列の並び替えが必要になることもあります。

そのような場合に、表を一から作り直さなくてもいいように行・列の【挿入】【削除】【移動】する方法を理解しておきましょう。