スプレッドシートでピボットテーブルを作成する方法

1日で学べるスプレッドシートの教科書

シリーズ連載を通して「Google スプレッドシートの基礎」を解説しています。


こんにちは、クラサポ(@closuppo)です。

今回は「第24回:スプレッドシートでピボットテーブルを作成する方法」について説明していきます。

関数を使わずに大量のデータを集計する方法を学びましょう。


たま

全シリーズは以下シートにまとめてます!


※目次をクリックすると
タイトルの先頭まで移動します(↓)

目次



まずはじめに

スプレッドシートでは、簡単に集計作業ができる【ピボットテーブル】という機能があります。

大量のデータを簡単に集計したり分析を行うために必要な知識となりますので、ぜひ覚えておいてください。

それでは、サンプルデータを使ってピボットテーブルの使い方を見ていきましょう。

spreadsheet-pivot-table01

サンプルシート

たま

テンプレートを用意しているのでコピーしてご活用ください!


ピボットテーブルを作成する

ピボットテーブルの元になるデータは、サンプルシートの形式のように同じ項目が同じ列に入力された表である必要があります。

間に空白や統合された行があると正しく集計できないので注意してください。

spreadsheet-pivot-table02

別ページに作成する

元データとは別のページにピボットテーブルを作成しましょう。

集計したいデータ内のセルを選択しデータメニューのピボットテーブルを選択してください。

spreadsheet-pivot-table03

ピボットテーブル作成画面が表示されるので、データ範囲と場所を選択していきます。

【データ範囲】は自動で表全体のセル範囲が指定されますが、もし範囲が異なる場合は修正してください。

【挿入先】は【新しいシート】を選択し作成ボタンをクリックしてください。

spreadsheet-pivot-table04

新規シートが追加され、空のピボットテーブルが作成されました。

spreadsheet-pivot-table05

同じページに作成する

元データと同じページにピボットテーブルを作成しましょう。

集計データと同じシートにピボットテーブルを作成する場合は、【挿入先】で【既存のシート】を選択します。

spreadsheet-pivot-table06

ピボットテーブル作成画面上部をドラッグすると画面を移動することができます。

セル「G1」を選択すると【挿入先】のセル範囲が指定されるのでOKボタンをクリックし作成ボタンをクリックしてください。

spreadsheet-pivot-table07

集計データと同じシートに空のピボットテーブルが作成されました。

spreadsheet-pivot-table08

データの追加と削除

ピボット テーブル エディタを操作してピボットテーブルにデータを反映してみましょう。

spreadsheet-pivot-table09

以下の手順でデータを反映します。

  • 行の追加
  • 列の追加
  • 値の追加

行の追加

には、縦に並べたい項目(データ)を追加します。

追加ボタンをクリックし日付を選択してください。

spreadsheet-pivot-table10

【日付】が行(縦)に反映されました。

反映する項目を変更したい場合は、右上の × ボタンで削除します。

spreadsheet-pivot-table11

列の追加

には、横に並べたい項目(データ)を追加します。

追加ボタンをクリックし商品名を選択してください。

spreadsheet-pivot-table12

【商品名】が列(横)に反映されました。

spreadsheet-pivot-table13

値の追加

には、集計・計算したい項目(データ)を追加します。

追加ボタンをクリックし金額を選択してください。

spreadsheet-pivot-table14

集計された【金額】が反映されました。

spreadsheet-pivot-table15

ピボットテーブルを編集する

ピボットテーブルをカスタマイズする方法を見ていきましょう。

  • 統計を非表示にする
  • データを並び替える
  • 計算方法を変更する
  • 特定の条件で絞り込む
  • グループ化する

総計を非表示にする

【総計を表示】のチェックを外すことで、ピボットテーブルの総計(合計の行や列)を非表示にすることができます。

spreadsheet-pivot-table16

データを並び替える

【並び替え】より、データの並びを昇順降順か選択することができます。

spreadsheet-pivot-table17

計算方法を変更する

合計以外の計算結果を反映することができます。

 の【集計】からプルダウンで 計算したい関数を選択することで、その関数の計算結果が反映されます。

spreadsheet-pivot-table29

今回は、AVERAGE(平均値)の関数を試してみましょう。

プルダウンから【AVERAGE】を選択してください。

spreadsheet-pivot-table30

金額の平均値が反映されました。

spreadsheet-pivot-table31

特定の条件で絞り込む

特定の条件で絞り込み、不要なデータを一時的に非表示にすることができます。

2つのフィルタ機能を使ってデータの絞り込みをしてみましょう。

  • 条件でフィルタ
  • 値でフィルタ

条件でフィルタ

フィルタ追加ボタンをクリックし日付を選択してください。

spreadsheet-pivot-table18

【現在のフィルタ】の ▼ をクリックし、【条件でフィルタ】からプルダウンをクリックしてください。

spreadsheet-pivot-table19

次より後の日付を選択してください。

spreadsheet-pivot-table20

プルダウンをクリックし、正確な日付を選択してください。

spreadsheet-pivot-table21

絞り込みの条件となる日付を入力しOKボタンをクリックしてください。

今回は【3/26】を絞り込みの条件とします。

spreadsheet-pivot-table22

【3/26より後の日付】という条件で絞り込みされました。

spreadsheet-pivot-table23

値でフィルタ

フィルタ追加ボタンをクリックし商品名を選択してください。

spreadsheet-pivot-table24

【現在のフィルタ】のをクリックし、【値でフィルタ】から不要な項目のチェックを外してOKボタンをクリックしてください。

spreadsheet-pivot-table25

商品名【みかん】の項目が非表示になりました。

spreadsheet-pivot-table26

グループ化する

項目をグループ化して、まとめて集計することができます。

例として、日別のデータを月単位にグループ化して月ごとの集計してみましょう。

ピボットテーブル内の日付のセルを【右クリック】し、ピボット日付グループを作成からを選択してください。

spreadsheet-pivot-table27

月単位で集計されました。

spreadsheet-pivot-table28

まとめ

  • ピボットテーブルで大量のデータの集計や計算ができる。
  • 集計データは、同じ項目は同じ列に入力すし空白入れない。
  • 集計データのセルは統合しない。
  • 【データ】メニューよりピボットテーブルを作成できる。
  • ピボットテーブルを作成するページを選択できる。
  • 表示する項目や順番、集計・計算方法などをカスタマイズできる。

Googleスプレッドシートでピボットテーブルを作成する方法についてお伝えしました。

ピボットテーブルは、複雑な数式や特別な関数を使わなくても、数回のクリックで項目を選択していくだけで簡単にデータを集計・計算することができます。

苦手意識を持たずに、実際に手を動かしながらピボットテーブルの操作に慣れていきましょう。



1日で学べるスプレッドシートの教科書

教科書スケジュール2

シリーズ連載を通してスプレッドシートの基礎をまとめてます。

手順通りに学習を進めていけば1日でスプレッドシートの基礎を学べます。

データ入力の基礎

表示形成の変更

行・列の操作

シートの操作

集計の基礎

はじめに覚えておきたい6関数