スプレッドシートのアクセス制限、複数人で編集する方法

1日で学べるスプレッドシートの教科書

シリーズ連載を通して「Google スプレッドシートの基礎」を解説しています。


こんにちは、たま(@closuppo)です。

今回は「第8回:スプレッドシートのアクセス制限、複数人で編集する方法」について説明していきます。

アクセス制限で特定の人のみシートを閲覧・編集できるようにする方法を学びましょう。


※目次をクリックすると
タイトルの先頭まで移動します(↓)

目次



まずはじめに

spreadsheet-restrictions01

Googleスプレッドシートは、Googleアカウントを持っていないユーザーにもシートを共有することができますし、特定の人のみ閲覧・編集できるようにすることもできます。

重要なシートへのアクセスは、必要に応じて閲覧・編集の権限を設定するようにしましょう。


誰でも閲覧/編集できるようにする

Googleアカウントを持っていないユーザーでも、シートの閲覧や編集ができるようにすることができます。

共有したいスプレッドシートを表示させ、画面右上の共有ボタンをクリックしてください。

spreadsheet-restrictions02

画面下のリンクを取得欄をクリックしてください。

spreadsheet-restrictions03

ここで、共有する相手のアクセスの種類を選択できます。

今回は、インターネット上でアクセスする全ての人に共有できるようにしたいのでリンクを知っている全員を選択してください。

spreadsheet-restrictions04

閲覧者を選択した場合、共有相手は誰でも閲覧できる状態となりますが、編集はすることができません。

閲覧者(コメント可)を選択した場合、共有相手は誰でも閲覧できる状態となり、編集はできませんがコメントはできるようになります。

編集者を選択した場合、共有相手は誰でも閲覧と編集ができる状態となります。

spreadsheet-restrictions5

スプレッドシートのリンク先を他のユーザーに知らせることで、そのURLを知っているユーザーはシートを閲覧、または編集ができるようになります。

完了ボタンをクリックしてアクセス制限の設定完了です。

spreadsheet-restrictions6

特定の人のみ閲覧/編集できるようにする

Googleアカウントを持っているユーザーに対して、特定の人のみシートを閲覧・編集できるようにすることができます。

共有したいスプレッドシートを表示させ、画面右上の共有ボタンをクリックしてください。

spreadsheet-restrictions02

画面下のリンクを取得欄をクリックし、権限を制限付きを選択してください。

spreadsheet-restrictions7

画面上のユーザーやグループと共有欄をクリックし、共有したい相手のメールアドレスを入力してください。アドレス帳に登録されている相手であれば名前の入力でも可能です。

追加する相手のメールアドレスの入力後、権限を選択することができます。

spreadsheet-restrictions8

権限決めて送信ボタンをクリックすると共有相手に招待メールが届きます。

メールを送信する必要がない場合は通知のチェックを外せばメール送信はされません。

spreadsheet-restrictions10

権限の変更/削除

共有ボタンをクリックし、権限を変更したいユーザーの右のボタンから「権限の変更」や「削除」をすることができます。

spreadsheet-restrictions11

まとめ

  • Googleアカウントを持っていないユーザーでもシートの閲覧や編集ができるように設定することができる。
  • Googleアカウントを持っているユーザーに対して、特定の人のみシートを閲覧・編集できるように設定することができる。
  • アクセスを許可されていないユーザーはシートを確認することができない。

Googleスプレッドシートで特定の人のみシートを閲覧・編集できるようにする方法についてお伝えしました。

スプレッドシートはURL一つで、即座にいろんな人に共有することができます。

必要に応じて閲覧・編集の権限を設定することで、編集されては困る内容を保護することができますし、情報漏洩対策にもつながります。

シートを共有する際は、相手の用途に合わせた権限を付与するようにしましょう。