スプレッドシート(ワークシート)を追加・削除・コピーする方法

1日で学べるスプレッドシートの教科書

シリーズ連載を通して「Google スプレッドシートの基礎」を解説しています。


今回は「第20回:スプレッドシート(ワークシート)を追加・削除・コピーする方法」について説明していきます。

新しいシートの追加や複製、不要になったシートを削除する方法を学びましょう。


タマ

全シリーズは以下シートにまとめてます


※目次をクリックすると
タイトルの先頭まで移動します(↓)

目次



まずはじめに

スプレッドシートでは、ボタンをクリックするだけで簡単にワークシートを追加することができます。

また、似たようなシートはコピーで複製することができますし、別のスプレッドシート(ワークブック)にもコピーすることもできます。


タマ

それでは、操作方法を見て

いきましょう


シートを追加する

シートタブの左側にあるボタンをクリックしてください。

spreadsheet-add01

新しいワークシートが追加されました。

spreadsheet-add02

ココ

簡単に追加できました


シートをコピー(複製)する

コピーしたいシートを選択し、シート名の右にあるボタンをクリックしコピーを作成を選択してください。

右クリックでも操作可能です。

spreadsheet-add03

シートがコピーされました。

spreadsheet-add04

ココ

コピーも簡単


別のワークブックにシートをコピー(複製)する

コピーしたいシートを選択し、シート名の右にあるボタンをクリックし別のワークブックにコピーから既存のスプレッドシートを選択してください。

spreadsheet-add05

コピーしたいスプレッドシートを選んで選択ボタンをクリックしてください。

上部の検索ボックスより【Googleドライブ】に保存されているスプレッドシートを検索することもできます。

spreadsheet-add06

別のスプレッドシート(ワークブック)にコピーされました。

spreadsheet-add07

ココ

別のシートにもコピー

できるんですね


シートを削除する

コピーしたいシートを選択し、シート名の右にあるボタンをクリックし削除を選択してください。

spreadsheet-add08

シートが削除されました。

spreadsheet-add09

ココ

削除できました


まとめ

  • 【+】ボタンをクリックするだけでワークシートを追加できる。
  • 【▼】ボタンよりシートのコピーや削除ができる。
  • 別のスプレッドシート(ワークブック)にもコピーすることができる。

スプレッドシート(ワークシート)を追加・削除・コピーする方法をお伝えしました。

一から作った方が早い場合は新しくシートを追加し、同じようなシートはコピー(複製)してシートを追加するようにしましょう。


ココ

必要に応じてコピーも活用します

タマ

次回は「ワークシート)を非表示

再表示する方法」を見ていきましょう



1日で学べるスプレッドシートの教科書

教科書スケジュール2

シリーズ連載を通してスプレッドシートの基礎をまとめてます。

手順通りに学習を進めていけば1日でスプレッドシートの基礎を学べます。

データ入力の基礎

表示形成の変更

行・列の操作

シートの操作

集計の基礎

はじめに覚えておきたい6関数