スプレッドシートのコピー&ペースト(貼り付け)5つの手法

1日で学べるスプレッドシートの教科書

シリーズ連載を通して「Google スプレッドシートの基礎」を解説しています。


こんにちは、たま(@closuppo)です。

今回は「第3回:スプレッドシートのコピー&ペースト(貼り付け)5つの手法」について説明していきます。

数値やテキストなどのデータをコピーし、別の場所に複製してペースト(貼り付ける)簡単な方法を学びましょう。

たま

コピー&ペースト(貼り付け)をコピペと省略します!



※目次をクリックすると
タイトルの先頭まで移動します(↓)

目次

まずはじめに

同じ数値やテキストを何度も打ち込んで入力するのは、手間もかかりますし非効率です。

コピペを使いこなし作業効率をぐっとアップさせましょう。

コピペには様々な方法があるのですが、今回は代表的な5つの手法についてお伝えします。

  • メニューバー
  • 右クリック
  • ダブルクリック
  • ショートカットキー
  • オートフィル

下図の売上①サンプルシートを例に、それぞれのコピペの操作方法を解説していきます。

copyandpaste01

売上①サンプルシート

たま

売上①サンプルシートを用意しているのでコピーしてご活用ください!


メニューバーでコピペ

メニューバーで数式をコピペしてみましょう。

コピーするセル「E6」を選択してください。

copyandpaste02

こちらは、ビールの単価(300)×本数(30)= 金額(9,000)と計算しています。

第1回の記事「計算式の基礎」でお伝えしたとおり、掛け算は演算子の「*(アスタリスク)」を使います。

次に、メニューバーの編集からコピーを選択するとセルが点線で囲まれます。

copyandpaste03

次に、下のセル「E7」に移動してメニューバーの編集から貼り付けをクリックするとペースト(貼り付け)されました。

copyandpaste04

セル範囲「E7:E8」を選択し、まとめてペースト(貼り付け)することもできます。

copyandpaste10

右クリックでコピペ

マウスの右クリックで数式をコピペしてみましょう。

コピーするセル「E6」を選択した状態で右クリックをするとポップアップが表示されますのでコピーをクリックするとセルが点線で囲まれます。

copyandpaste11

次に、下のセル「E7」に移動して右クリックをし、今度は貼り付けをクリックすると計算式がペースト(貼り付け)されます。

copyandpaste12

ショートカットキーでコピペ

キーボード操作で数式をコピペしてみましょう。

キーボード操作に慣れるまで少し時間がかかるかもしれませんが、慣れてしまえばパソコン操作の効率が一気にアップします。

特に、コピペのショートカットキーは必ず覚えておくことをオススメします。

WindowsとMacとではコピペのショートカットキーが違います。

種類 コピー ペースト(貼り付け)
Windows Ctrl+C Ctrl+V
Mac +C +V

Windowsのショートカットキー

コピーするセル「E6」を選択した状態でキーボードのCtrlキーを押しながらCを押すとセルが点線で囲まれます。

copyandpaste13

次に、下のセル「E7」に移動してキーボードのCtrlを押しながらVを押すと数式がペースト(貼り付け)されました。

Macは+Cでコピーされ+Vでペーストされます。

copyandpaste14

ダブルクリックでコピペ

ダブルクリックで数式をコピペしてみましょう。

コピーするセル「E6」を選択し、セルの右下のフィルハンドル (小さな黒い四角) にマウス ポインタを合わせてダブルクリックしてください。

copyandpaste07

表の末端までコピペされました。

copyandpaste15

こちらは、隣接する左側のセルにデータが入っているところまでをまとめてコピペしてくれます。

縦方向にのみコピーできる機能ですが、データ量が多いときにはとても便利です。


オートフィルでコピペ

オートフィルで数式をコピペしてみましょう。

コピーするセル「E6」を選択し、セルの右下のフィルハンドル (小さな黒い四角) にマウス ポインタを合わせてドラッグするとコピペされます。任意のセルの場所までコピーしたいときに便利な方法です。

copyandpaste09

まとめ

  • コピペを使いこなせば作業効率アップ。
  • メニューバーからコピペできる。
  • マウスの右クリックからコピペできる。
  • ショートカットキーでコピペできる。
  • WindowsとMacとではキーボード操作が異なる
  • ダブルクリックでコピペできる。
  • フィルハンドルをダブルクリックまたはドラッグでコピペできる。

Googleスプレッドシートのコピー&ペースト(貼り付け)5つの手法についてお伝えしました。

一度入力したデータやテキストを、何度も打ち込んでいては手間がかかります。入力する回数が少ないとそれほど負担はないかもしれませんが、今後は数百と多くのデータ入力の作業が必要になってくるかもしれません。

ショートカットやオートフィルなどの機能を使いこなせるよう、慣れるまで積極的に活用していきましょう。