スプレッドシートで条件付き書式を設定する方法

1日で学べるスプレッドシートの教科書

シリーズ連載を通して「Google スプレッドシートの基礎」を解説しています。


こんにちは、クラサポ(@closuppo)です。

今回は「第16回:スプレッドシートで条件付き書式を設定する方法」について説明していきます。

自分で決めた条件に従って、テキストの色や背景色を自動で色付けする方法を学びましょう。


※目次をクリックすると
タイトルの先頭まで移動します(↓)

目次

まずはじめに

指定したセル範囲に対し条件を決め、その条件を満たしたときだけテキストの色や背景色といった【書式】が自動変更されるように設定することができます。

サンプルレシートを使って【条件付き書式】を設定する方法について見ていきましょう。

  1. 特定の文言を条件にテキストの色を変更する
  2. セルの値を条件に背景色を変更する
  3. チェックボックスがONで行全体の色を変える
spreadsheet-formatting201

出典:すごい名前生成器

サンプルシート

たま

テンプレートを用意しているのでコピーしてご活用ください!


特定の値を条件に文字色を変更する

特定の文字や数字を条件に自動で書式を変更することができます。

例として、サンプルシートA列で【小林】を含むテキストは【赤字】に自動変更されるようにしてみましょう。

条件付き書式を設定するセル範囲「A2:A8」を選択し、メニューバーの表示形成から条件付き書式を選択すると【条件付き書式設定ルール】が右側に表示されます。

spreadsheet-formatting202

【範囲に適応】はセル範囲が選択されているのでこのままで大丈夫です。

【セルの書式設定の条件…】では次を含むテキストを選択し入力欄に【小林】と入力してください。

spreadsheet-formatting214

【書式設定のスタイル】は塗りつぶしボタンをクリックすると【色の一覧】が表示されますので【なし】を選択してください。

次に塗りつぶしボタンより【赤色】を選択し完了ボタンをクリックしたら設定完了です。

spreadsheet-formatting203

【条件付き書式設定ルール】の設定画面は右クリックからも表示することができます。

spreadsheet-formatting204

セルの値を条件に文字色を変更する

指定したセルの値を条件に自動で書式を変更することができます。

サンプルシートB列の売上が、セル「E2」に入力した値より小さいの場合は背景色が自動変更されるようにしてみましょう。

【条件付き書式】を設定するセル範囲「B2:B8」を選択し、メニューバーの表示形成から条件付き書式を選択してください。

spreadsheet-formatting205

【範囲に適応】はセル範囲が選択されているのでこのままで大丈夫です。

【セルの書式設定の条件…】ではより小さいを選択し入力欄に【=$E$2】と入力してください。

spreadsheet-formatting206

このように、条件にセル番地を指定することもできます。

セルの行番号(アルファベット)と列番号(数字)の左横に【$】を追加することで常にそのセルを固定し参照することができます。このように固定して参照する形式を【絶対参照】といいます。

絶対参照についてはこちらでべます

【書式設定のスタイル】は塗りつぶしボタンをクリックすると【色の一覧】が表示されますので【明るい赤3】を選択し完了ボタンをクリックしたら設定完了です。

spreadsheet-formatting207

チェックボックスONで行全体の色を変える

チェックボックスをONにしたらその行全体に色が変わるようにしてみましょう。

【条件付き書式】を設定するセル範囲「A2:C8」を選択し、メニューバーの表示形成から条件付き書式を選択してください。

spreadsheet-formatting208

【範囲に適応】はセル範囲が選択されているのでこのままで大丈夫です。

【セルの書式設定の条件…】ではカスタム数式を選択し【=$C2=TRUE】と入力してください。

チェックボックスがONのセルは【TRUE】、チェックマークがOFFのセルは【FALSE】の値が自動的に設定されるようになっています。

そのため、【=$C2=TRUE】は、セル範囲「C2:C」は【TRUE】に等しい、という意味になります。

セルの行番号(アルファベット)の左横に【$】を追加することで「複合参照」でC列全てに条件を適応しています。

spreadsheet-formatting209

【書式設定のスタイル】は塗りつぶしボタンをクリックすると【色の一覧】が表示されますので【明るい黄色3】を選択し完了ボタンをクリックしたら設定完了です。

spreadsheet-formatting210

チェックボックスONにすると行全体の色が変されました。

spreadsheet-formatting211

条件付き書式を解除する

条件付き書式を解除するセル範囲を選択し、メニューバーの表示形成から条件付き書式を選択して【条件付き書式設定ルール】の設定画面を表示します。

spreadsheet-formatting212

条件設定にカーソルを合わせるとルールを削除します(ゴミ箱)ボタンが表示されます。

spreadsheet-formatting213

この【ゴミ箱】ボタンをクリックすると、条件付き書式の設定が解除されます。

spreadsheet-formatting214

まとめ

  • 特定の文言を条件に書式設定できる。
  • セルの値を条件に書式設定できる。
  • 数式を条件に書式設定できる。
  • 条件付き書式設定画面から【ゴミ箱】ボタンをクリックすると設定を解除できる。

Googleスプレッドシートで条件付き書式を設定する方法についてお伝えしました。

条件付き書式を活用することで、データの状況が一目で分かったり見落としを防止することができます。

手作業する手間も省け格段に作業効率がアップしますので、ぜひ使い方を覚えてください!