Googleサイトを新規作成する方法

1日で学べるGoogleサイトの教科書

シリーズ連載を通して「Google サイトの基礎」を解説しています。


こんにちは、たま(@closuppo)です。

今回は「第1回:Googleサイトを新規作成する方法」について説明していきます。

新しくサイトを作成し、インターネット上で閲覧できるようにする方法を学びましょう。


※目次をクリックすると
タイトルの先頭まで移動します(↓)

目次



まずはじめに

Googleサイトは、Googleアカウントを持っていれば誰でも利用することができます。

Googleサイトはレスポンシブ対応でスマホからでも見やすく、Googleサービスとの連携もスムーズに行えます。

それでは、サイトを新規作成しインターネットに公開するまでの手順を見ていきましょう。

  1. 新規作成
  2. ドキュメント名を入力
  3. サイト名を入力
  4. ページのタイトルを入力
  5. サイトを公開

新規作成する

Googleサイトのページにアクセスし【テンプレート】をクリックすることで新しくサイトが作成されます。

https://sites.google.com/

あらかじめ作成されたテンプレートも用意されていますが、テンプレートはカスタマイズが必要になるので、初めての方は【空】のテンプレートから作成することをおすすめします。

googlesites-new01

新しくサイトが作成されました。

googlesites-new02

Googleドライブから作成する

GoogleドライブからGoogleサイトを作成することもできます。

Googleドライブは以下のURLよりアクセスできます。

https://drive.google.com/drive/my-drive

アクセスしたら新規ボタンをクリックしてください。

googlesites-new03

その他からGoogle サイトを選択すると新しくサイトが作成されます。

googlesites-new04

ドキュメント名を入力する

新規作成したらサイトの【ドキュメント名】を決めておきましょう。

ドキュメント名とは、作成したサイトを区別するためのものでGoogleドライブに保存される【ファイル名】となります。

googlesites-new05

サイト名を入力する

サイト閲覧者が確認できる【サイト名】を入力しましょう。

ここでは【社内ポータルサイト】と入力します。

googlesites-new06

ページタイトルを入力する

【ページタイトル】を入力しましょう。

ここでは【サンプル】と入力します。

googlesites-new07

タイトル文字の大きさや配置を変更する方法については別の記事で解説します。


サイトを公開する

作成したサイトをインターネットで公開しましょう。

公開ボタンをクリックしてください。

googlesites-new08

任意のアドレスを設定することができます。お好みのアドレスを入力してください。

googlesites-new09

公開ボタンをクリックしたら、サイトがインターネット上で閲覧できるようになります。

公開ボタン横のボタンから公開したサイトを表示をクリックすると作成したサイト閲覧ページに移動します。

googlesites-new10

サイトにアクセスできるユーザーの範囲を、社内の人間のみかインターネット上の全員(誰でもアクセスできるということ)かを設定することもできますが、そのアクセス制限の設定方法については別の記事で紹介します。


まとめ

  • Googleアカウントを持っていれば誰でも作成できる。
  • レスポンシブ対応でスマホからでも見やすい。
  • ドキュメント名はGoogleドライブに保存されるファイル名。
  • サイト名は閲覧者に表示される名称。
  • タイトルはカスタマイズできる。
  • サイトにアクセスする人を制限できる。

Google サイトを新規作成する方法についてお伝えしました。

Googleサイトは専門的な知識がなくても、誰でも簡単にWebサイトを作成することができます。

ぜひ、社内専用ポータルサイトとして社内ルールやナレッジ共有などにお役立てください。